• ホーム
  • 失敗しない!ホームページ作成方法の選び方(導入編)

企業担当者200名に聞いた! 失敗しない!ホームページ作成方法の選び方

「ホームページを作りたい!」と思っても、「どこにお願いしようかな?」、
「金額が高いから他に方法ないかな?」と、困っていませんか?
ここでは、ホームページ作成を検討中の方に、失敗しないホームページ作成
方法の選び方を導入編、検討編、運用編の3つのステップで説明します。

ホームページ作成、周りの会社はどうしてる?

中小企業では、ホームページを持っていない会社が4割!

中小企業200社に聞きました!会社のホームページを持っていますか?(N=200)

わからない 2.2% / 持っていない 40.0% / 持っている 57.8%

「企業の顔」ともいえる会社のホームページは、会社情報や製品・サービス関連情報など、販売・営業ツールとしても会社のブランディングとしても重要なものになっています。
従業員数100人未満の企業を対象にアンケート調査を行ったところ、ホームページを持っているという回答は57.8%を占めました。しかし、4割の企業がまだ会社のホームページを持っていないという現状は見逃せません。

ホームページについて詳しい人がいない、リソースがなく社内で管理できない、外注にコストをかけられないなど、制作・運用両方の面でホームページを持つことは難しいところがあるようです。
また、企業の紹介をメインに公開している場合などは更新する頻度も少ないため、必要性に迫られることがないまま放置されてしまっているケースも考えられます。
ホームページに関して「どうやって作ればいいのか」「何から手をつければいいのか」「どこに依頼すればいいのか」などの情報が少ないことも理由の一つといえそうです。

会社設立や規模拡大、メールアドレス取得時がホームページを持つきっかけに

  • 「会社設立時、会社案内の代わりに情報公開手段として」
    (IT・インターネット関連/従業員数20人未満)
  • 「会社の規模が大きくなったので」
    (サービス業/従業員素100人未満)
  • 「会社のメールアドレス取得時」
    (サービス業/従業員数10人未満)
  • 「会社の売り上げが伸び悩んでいたのと、
    WEBに関するお客様からの問い合わせが増えたため」

    (卸売・小売業/従業員数30人未満)
  • 「同業他社もHPを作る会社が増えてきたので、
    営業的にもPRになると思ったから」

    (製造業/従業員数50人未満)

中小企業が「そろそろホームページが必要かな」とホームページ作成に取りかかろうと思ったタイミングやきっかけとしては、会社設立や移転、規模拡大のときなどが多いようです。他にも、競合企業に刺激を受けたときなどもきっかけとして挙がっていました。

ホームページを営業ツールとして捉えた活用方法もありますが、ホームページの一番の目的は、会社が存在することを取引先や顧客など世の中に知ってもらうこと。会社を効果的にアピールしていくには欠かせないツールの一つといえます。
また、会社によって移転や規模拡大などそれぞれの事情やタイミングがある中で、メールアドレスのドメイン取得時にあわせてホームページを開設することが、利便性から考えて多いようです。

「制作会社へ依頼」派と「自分で作成」派で二極化

会社のホームページはどのように作成しましたか?(N=200)

ブログサービスを利用 1.0%  / 自社で制作 46.5%  / 制作会社へ依頼 49.5%  / その他 3%

ホームページを作成する手段は、いくつかの方法が考えられます。
ホームページ制作会社に依頼して、サーバーの設定からデザイン・ページ制作まで一貫して依頼したり、自分で一からページを作成してサーバーにアップロードをして運用したり、パソコンやインターネットに不慣れな社員でも簡単に更新できるようにブログサービスなどを利用したり、それぞれの会社にあった方法でホームページの作成方法を選ぶことができます。

中小企業の主なホームページの作成方法としては、「Web制作会社に依頼する」(49.5%)、「会社で作成」(46.5%)に、回答が大きく2つに分かれました。その他、「ブログサービスを利用」しているという回答は1割程度となり、ブログサービスを利用するケースは少ないことがわかりました。

基本的には、自社でホームページ作成する場合、ホームページ作成に関する知識や技術レベルに応じて、適切な方法を選ぶことが重要ですが、実際のところ、知識や技術があっても人的リソースがないため、なかなか着手できないという企業や、トラブルがあったときのことを考えて、ホームページ制作会社に依頼する企業が多いのが現状のようです。

会社のホームページはなぜ必要?

会社のホームページの重要性

会社のホームページは、販売・営業ツールとしてだけではなく、会社の顔として存在価値や企業価値を伝えるためにもなくてはならないものです。
近年のインターネットの普及によって、消費者の行動が大きく変化したことも背景にあります。商品やサービスの比較から、企業情報・企業イメージのチェックまで、情報収集の多くはインターネットで行われています。
さらにスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末の普及に後押しされ、より端的に素早く、できるだけ最新の情報を発信することが求められてきました。

企業価値は、ホームページで判断されているといっても過言ではないのです。

会社のホームページ作成の手段

「ホームページ作成」といっても、ホームページで伝えたい情報、デザイン、運用方法などによってさまざまな手段があります。また、それぞれの作成手段には、メリット・デメリットをしっかり吟味した上で、自社に合った手段を選ぶことが、失敗しない秘訣です。

代表的な「会社のホームページ作成」の3つの手段

  • 方法1 Web制作会社に依頼する
  • 方法2 自社HPを制作する
  • 方法3 ブログサービスを利用する

次の「検討編」では、どの方法を選択したらいいのか、それぞれのホームページ作成方法のメリット・デメリットなどをご紹介します。

次は検討編


ドメイン取得からホームページ制作・更新までおまかせ
「HP制作更新サービス」の詳細はこちら