BYODやBCP対策にもオススメ!
外出先からオフィスの自席PCを操作できるリモートアクセスサービス

Biz Communicator

外出先や自宅などから会社の自席PCに、社員個人のスマホ・タブレット・PCからアクセスして操作できるサービスです。自席PCのデータを手元の端末にコピーすることなく使えるので、セキュリティ面でも安心です。
※「指紋認証タイプ」の新規販売を2017年1月31日に終了いたしました。
スマホ・タブレット・PCで、自席のPCを、外出先からセキュアに操作可能なリモートアクセスツール
あぁっ!あのファイル、会社のPCにしか保存していないっ!!

外出先から自社の
「PCそのもの」を操作できます。

メールやWebなどはスマホで大丈夫ですが、自社専用の業務システムやローカルに保存したファイルなど、会社の「PCそのもの」を操作したいことは結構多いはず。「Biz Communicator」は普通のリモートアクセスと異なり、予め設定しておいた“PC自体”の画面を見ながら操作することができます。

オフィスのPC画面、見ながら操作。

オフィスのPC画面、見ながら操作。
スマホやタブレットを社員に貸与すると高くつくんだよな・・・

社員が普段使っている端末を
そのままご利用いただけます。

社員が普段使っているスマホやタブレットで自席PCにアクセスできるので、カンタン・手軽にBYOD(社員の私有端末のビジネス利用)を実現することができます。

タブレットからでも自席PCへ直結。

タブレットからでも自席PCへ直結。
普段使ってるのiPadだけどエクセルとか開けるの?

自席PCの画面を手元に転送するので
いつものPCと同じように
ファイル編集できます。

会社PCの画面をそのまま手元の端末に転送するしくみだから、会社PCでできることは、スマホでもそのまま表示・操作が可能です。社員が持ち歩く端末にわざわざ業務用ソフトを導入しないで済むので、経済的でライセンスの管理もラクになります。

いつもの作業を、外でも。

いつもの作業を、外でも。
社員の私物を使わせると、セキュリティが不安だなぁ…

手元にデータをコピーできないので、
不正な持ち出しの心配はありません。

リモートアクセス時、手元に実データをコピーすることはないので、社員が勝手にデータを持ち出す心配はありません。万が一端末を置き忘れたり紛失しても、大切なデータは会社内にあるので安心。また、画面のキャプチャーや印刷を防げますし、通信も暗号化されるので、高セキュアにご利用いただけます。

データの持ち出し、不可能。

データの持ち出し、不可能。
うちもそろそろ災害対策について真剣に考えないと…

普段使いできるBCP(事業継続計画)
対策ツールとしてピッタリ。

パンデミック(伝染病の流行)や大災害など、社員が出社できなくなるような緊急事態が発生しても、自宅にオフィスと同じ環境を用意することで、想定外のアクシデントにも柔軟に対応できます。もちろん、在宅勤務制度を検討しているお客さまにも最適です。

想定外も、想定内。

想定外も、想定内。
使い方が難しいと、結局使わなくなるんだよな…

自席PCはカンタンな
設定をするだけで、
スマホ・タブレット・別のPCから
手軽にアクセス。

自席PCにカンタンな設定をするだけ。外からアクセスする際にPCならUSBを差すだけ、スマホやタブレットの場合はアプリを入れるだけでカンタンにご利用できます。

毎日使うから、手軽でカンタンに。

毎日使うから、手軽でカンタンに。

次はサービス詳細

1分でご紹介サービス詳細気になる料金カンタン申込

お申し込みはこちら

Biz Communicator

お申し込み